診療のご案内

「ショックウェーブ(衝撃波・圧力波治療)」

ショックウェーブ(衝撃波・圧力波治療)はどんな治療?

ショックウェーブ(衝撃波・圧力波治療)は、あえて組織を少し損傷させることで回復させる治療法です。
知覚神経を麻痺させるため治療後は即時的な鎮痛効果があります。

血流と組織代謝を増加させることで、組織の変性や石灰沈着などの慢性化した治りにくい痛みを取ることができます。

治療中

『ショックウェーブ(衝撃波・圧力波治療)』はどんな効果があるの?

からだ

  • 疼痛コントロール
  • 筋緊張緩和
  • 血液循環改善

スポーツ

  • 疼痛緩和・筋疲労回復
  • パフォーマンスアップアップ
  • 早期回復

短期的な除痛効果

  1. 痛みを誘発している神経の終末部を破壊する効果があります。
  2. 痛みにかかわる神経内の伝達物質を減少させる効果があります。

長期的な除痛・組織修復作用

  1. 血管新生やコラーゲン産生により、組織修復を促す効果があります。
  2. 炎症の原因となっている物質の産生を抑制する効果があります。
ショックウェーブを行う様子

適応疾患

適応疾患

※ 適応疾患は一例です。 詳しくは医師にご相談ください。

Q & A

  • Q
    どんな治療なの?痛いの?
    A

    圧縮空気が生み出す強い振動を痛い所にぶつけるため、治療中は痛みを感じます。

  • Q
    1回の治療時間はどのくらい?
    A

    2分~5分程度で終わります。