診療のご案内

「バイオセラピー(再生医療)PFC-FD療法」について

PFC-FDは、バイオセラピー(再生医療)のひとつに位置付けられており、患者さんご自身の血液から調製したPRP(多血小板血漿)を凍結乾燥(フリーズドライ)化したものです。
PFC-FD療法の特に優れた点として、一度の採血で複数回分のPFC-FDを調製することができます。
この利点を生かし、治療経過を確認しながら計画的に治療を行うことができます。

バイオセラピー(再生医療)とは?

バイオセラピー(再生医療)は、血液や脂肪などの自己組織を活用する治療法で、“保存療法と手術の中間に位置する新しい選択肢”として注目され始めています。

従来の治療と再生医療を取り入れた治療との違い

このような方におすすめです

  • 関節の痛みを減らしたい
  • 長年注射を続けているが良くならない
  • 筋肉や腱の炎症を早く治したい
  • 手術を勧められたが、できるだけ手術は避けたい

PFC-FD療法とは?

PFC-FD(Platelet-derived Factor Concentrate Freeze Dry)は、バイオセラピー(再生医療)のひとつに位置付けられており、患者さまご自身の血液から調製したPRP (Platelet-Rich Plasma)=多血小板血漿を凍結乾燥(フリーズドライ)化したものです。

PRPには、主に血液中の血小板や白血球に由来する成長因子やサイトカインなどの生理活性物質(bioactive substance)が豊富に含まれており、これらが患部の治癒を促すことが知られています。
PFC-FDも同様に自己由来の生理活性物質が豊富に含まれていますが、調製の過程で血小板や白血球などの細胞成分は取り除かれており、生理活性物質だけで構成されている点が特徴です。

PFC-FD療法とは?

PFC-FD療法の対象となる主な疾患として、変形性関節症等に伴う関節炎や、筋肉・腱・靭帯損傷などがあり、治療によって抗炎症作用や組織修復の効果が期待されています。

PFC-FD療法の特に優れた点として、一度の採血によって複数回分のPFC-FDを調製できることがあげられます。
この利点を生かし、治療経過を確認しながら計画的に治療を行うことができます。

※PFC-FDの使用期限はおよそ6ヶ月となっております。

PFC-FD療法とは?

PFC-FD療法の特徴と治療の目的

ご自身の血液から加工したPFC-FDを用いて、自己修復力を活性化させることがこの治療の目的です。
また、PFC-FD療法は自己由来成分による治療であるため、感染症やアレルギー反応の危険性が極めて低く、納得できるまで何度でも繰り返すことができます。
一方、自己由来であるがゆえ効果には個人差があり上手く修復プロセスが働かない可能性もあります。


自己修復力を活性化した結果、以下のような効果が期待できます

  • 変形性関節症・関節炎の痛みや腫れの改善(抗炎症作用・軟骨保護作用)
  • 筋肉・腱・靭帯損傷の修復促進
  • 慢性化した難治性腱炎(膝蓋腱・アキレス腱など)の治癒過程を再活性化
PFC-FD療法とは?

PFC-FD療法による症状改善の見込み

PFC-FD療法は、患部への注射後2週間程度で効果が出現することが期待されます。治療部位や経過によって、治療回数や頻度・間隔を調整し、計画的に治療を行うことができます。

変形性膝関節症の方にPFC-FD療法を実施した場合の症状改善の見込みについて、膝の痛みが半分以下に改善した方の割合が、およそ60%であったとする研究結果が報告されています。

PFC-FD療法特有の合併症と対処法

治療後1~2日は注射部位の疼痛・発赤・熱感などの症状を呈することがありますが、通常は時間の経過に伴い改善します。
痛みが強い場合は鎮痛薬の内服等で対処します。
原則、治療当日の局所の冷却は治療の効果を減弱させる可能性があることから、推奨されません。

PFC-FD療法とは?

適応除外項目

  • 悪性腫瘍を患っている方
  • コントロール不良の糖尿病を患っている方
  • 血小板機能不全症候群の方
  • 重大な血小板減少症の方
  • 血行力学的に不安定な方
  • 敗血症を患っている方
  • 処置部位の局所感染がある方
  • リスクを受け入れたくない方
  • 使用する医師の判断で不適切と考えられる方
医師と相談

PFC-FD療法の流れ  

1

採血

当院にて、採血(49ml)を行います。
2

加工

セルソース再生医療センター(特定細胞加工物製造許可施設、厚生労働省認可)に搬送し、PFC-FDを調製します。PFC-FD調製には3週間を要します。
3

注射

PFC-FDをご自身の患部に注射します。

※PFC-FDの使用期限はおよそ6ヶ月です。

PFC-FD療法(バイオセラピー)とリハビリテーションの相乗効果

PFC-FD療法の治療効果を最大限に引き出すには、患部の治療だけでなく、日常生活における注意点を理解し、正しい身体の動かし方の習得や正しい動作に必要な筋力の獲得など、全身機能のトータル・バランス・コンディショニングの考え方が大変重要です。

特に、PFC-FDを患部に投与して自己修復力の活性化が高まっている時期に、経験豊富な理学療法士と共に、集中して運動療法に取り組むことは再生医療の効果を一層高めることが期待されます。

※PFC-FDの治療期間は、リハビリテーションの費用についても自費となります。費用の詳細については、後述の「費用について」をご参照ください。

リハビリテーション
リハビリテーション

注意事項

  • 頻度は極めて稀ですが、注射部位から感染や麻痺を起こす可能性があります。いずれのリスクも一般的な採血、筋肉・皮下注射と同等と考えられます。
  • 体調の良くない場合や、血液の状態によっては、ごく稀に調製が出来ない場合もあります。その場合は、再度採血をお願いする場合があります。
  • 医療機関から血液輸送時にキットが破損した場合、再度採血をして頂く必要があります。
  • 保存期間を過ぎた場合は破棄させて頂きます。(保存期間はおよそ6ヶ月です。)
  • PFC-FD療法は再生医療等の安全性の確保等に関する法律によって規制されているものではありません。
    また、セルソース株式会社がリリースする情報を基に実施する治療であり、本製品の加工工程(配送を含む)及び、提供された情報に瑕疵があったことが原因で医療事故が生じた場合、おゆみの整形外科クリニック並びに医療法人社団淳英会はその責任を負いかねます。

日常生活における注意点

  • 関節は細菌に弱いので、注入部は清潔に保つよう心掛けてください。そのため、PFC-FDを注入した当日は、浴槽への入浴は避けてください。シャワー浴は可能です。
  • 注入後、数日間は血流の良くなる活動(長時間の入浴、サウナ、運動、飲酒など)を行うことで、治療に伴う痛みが強くなることがあります。
  • PFC-FD注入によって痛みが生じたことを理由に、安静にし過ぎてしまうと治療部位が硬くなるなど、長期的な痛みの元になる可能性があります。
    PFC-FD治療中から治療後も継続的なリハビリテーションが重要と考えます。
リハビリテーション
リハビリテーショ

費用について

PFC-FD療法は、保険適用外(自費診療)です。治療費は全額、先払いとなります。
PFC-FDの加工(外部委託)に係る費用、診療に関連する検査費用や処方費用は自費となります。

PFC-FD療法費用(自費診療)

165,000円(税込)
(2~6回の治療分)

費用に含まれるもの

  • 血液感染症検査費用 17,600円(税込)
  • 血液採取に関する費用(原則1回)
  • 注入手技に関する費用(治療に要する回数)
  • 注入後の炎症作用に対する消炎鎮痛剤の処方費用(アセトアミノフェン錠2日分)
  • 経過観察にかかる診察費用(医師が必要と認める回数)

費用に関する注意点

  • PFC-FDは、感染症検査(HIV、HBV、HCV、梅毒、HTLV-1)が陰性の方のみ提供が可能です。
    血液検査の結果、治療ができない場合は、血液検査にかかる費用(17,600円(税込))をご負担いただきます。
  • 上記費用に含まれない代表的なものにリハビリテーションの費用があります。
    PFC-FD治療期間については、PFC-FDによる治療部位に係るいずれの費用も自費となります。

リハビリテーション費用(自費診療)

リハビリテーション併用の効果

PFC-FDによる患部の治療だけでなく、専門的な運動療法により、十分な身体機能の獲得や正しい運動方法を習得していくことは再生医療の治療効果をより一層高めることが期待されます。

10回 回数券
(20分×10回分)
26,430円
(1回あたり 2,643円)
5回 回数券
(20分×5回分)
13,950円
(1回あたり 2,790円)
1回 回数券
(20分×1回分)
2,940円

※発行より1年を使用期限とします。ただし、保険診療期間は使用できません。

キャンセル費用(解約手数料)に関する注意点

PFC-FDは、セルソース再生医療センターに血液到着(加工開始)時点で、正規費用が発生いたします。
そのため、PFC-FDを注入されなかったとしても、キャンセル費用(血液採取等にかかる費用、PFC-FD材料・加工費用)として148,500円(税込)をご負担いただきます。
なお、セルソース再生医療センターに血液が到着前の場合は、キャンセル費用(血液採取等にかかる費用)として、6,600円(税込)をご負担いただきます。

その他

治療に関する権利

  • 治療に関する情報の詳細を知る権利があります。
  • 治療を受けることも受けないことも自由です。治療を拒否すること、同意を撤回することにより不利益な取り扱いを行うことはありません。
  • 血液を採取して、PFC-FDを注入するまでの間は、治療を中止することも可能です。工程により、キャンセル費用が発生する場合があります。
  • 血液を採取した後にキャンセルとなった場合、血液は破棄させていただきます。

個人情報の保護について

本治療を行う際に取得した個人情報は、当院が定める個人情報取扱実施規程に従い適切に管理、保護されます。

財産権等の帰属について

PFC-FD療法に関して、提供されたPFC-FDに関する財産権は当院に帰属します。
また、PFC-FD療法を行うことで第三者の特許権・著作権及び財産権を侵害することはありません。
PFC-FD療法で得られたデータは、匿名化した状態で管理し、今後の医学の発展のために研究・学会発表目的に使用される可能性があります。
もし、データ提供を拒否される場合、同意書に設けられたチェックボックスにて、データ提供拒否の意思をお伝えください。

同意書の取扱いについて

治療の内容をご確認いただき、同意書にご署名のうえ採血時にお持ちください。
同意書原本は当院カルテ内に保管し、患者さまには控えとして、写しを差し上げます。