当院について

ドクター&スタッフインタビュー 松原 直人

かつてのサッカー少年が

ケガを機に理学療法士の道へ
心も体も解きほぐせるプロフェッショナルとして
おゆみの整形外科クリニック
理学療法士 リーダー
松原 直人

サッカー選手の夢を断念し、スポーツをする人のサポーターに

子どもの頃からプロのサッカー選手になるのが夢でした。ところが、中学生の頃、ひざや腰を故障してしまったため、サッカー選手の夢は諦めざるを得ませんでした。そこで当クリニックに通うようになり、院長に診ていただいたり、理学療法士にお世話になったりするようになりました。

通院をきっかけに、プロのサッカー選手になるのは難しくても、こうしてスポーツをする側にまわれば、ケアやサポートを通じて、プロフェッショナルとして活躍する道もあるということを知りました。そうした経緯があって理学療法士を目指すようになったので、当クリニックの院長をはじめ、スタッフのみなさんのおかげで今の私があるといっても過言ではありません。

その後、国家資格を取り、現在当クリニックで働いていることを思うと、今につながっていますし、本当にご縁を感じますね。

就職当初から、実際に私自身がケガをしたときにお世話になった先生や理学療法士の先輩がたくさんいたので、今日まで勤務することができ、心から感謝しています。

かつてスポーツをしていた経験を今に生かして

患者さんと日々向き合う上で難しさを感じるのは、なかなか患者さんご自身の痛みをとってあげられないもどかしさがあるときですね。

逆に、患者さんが少しずつでも快方に向かうお手伝いができることが、この仕事をする上での大きなやりがいになっています。

平日の昼間は高齢の方が中心ですが、夕方以降は部活などでケガをしてしまった学生さんも多く来られます。かつて私自身がサッカーでケガをしてリハビリに励んだときのことを思い出すこともしばしば。理学療法士になった今、かつての自分を振り返り、「ストレッチが十分じゃないままプレーしていたな」などと経験を通じたアドバイスをすることができます。

ケガの予防に、運動前のストレッチがいかに重要かということをわかりやすく伝えるようにしています。それからケガの要因のひとつとしてよくあるのは、食事の仕方です。たとえば学生さんの場合、注意しなければならないのは、テスト期間などで部活が休みのとき。

体を動かさないのに部活をしているときと同じ量を食べることで体重が増えてしまい、テストが終わっていきなり体を動かすことで、ケガにつながりやすいこともあるからです。そうしたことも、私自身のスポーツ経験や理学療法士としてのキャリアを通じてわかるようになりました。

患者さん1人1人に合った動作やトレーニングを指南

これまでのキャリアで、上司や先輩に教わってきたさまざまなストレッチやトレーニング法はたくさんあります。そうした知識に加え、それぞれのスポーツ特有の動きや患者さん1人1人に合わせたエクササイズを提案する工夫をしています。

一方で、高齢の方の場合は、たとえば、お風呂に入るときのまたぐ動作など、自宅で生活する上で困難になっている動作をお聞きしてトレーニングを強化しています。特に高齢の方は体の衰えを自覚しないまま、走ったり自転車に乗ったりするなかで、転倒事故が起きることもあるので、注意が必要です。そのため、無理のない体の使い方をできるだけわかりやすく指南するように心がけています。

自由に動きまわったり、スポーツで活躍したりする喜びを届けたい

やはり私自身、かつてサッカーに励んでいたこともあって、スポーツをしている学生さんのサポートができる瞬間が一番喜びを感じるときですね。最近も、部活でケガをして、試合に間に合うようにリハビリをがんばっていた学生さんが、「おかげで試合に出て活躍できたよ」と報告してくださったときは、本当に嬉しかったです。

高齢の方の場合、リハビリの末に元気に歩き回れるようになり、「こないだ旅行に行ってきました」という患者さんもいらして、心からよかったなと思える瞬間でしたね。

患者さんにたくさんのことを教わりながら前進

今年で6年目となりますが、1人として同じ患者さんはいませんので、日々、発見の連続です。トレーニングをしながら患者さんと世間話をすることも多いですが、高齢の患者さんからは、戦時中の生き証人ともいえる、地元の地理や歴史などの貴重な話を聞くこともあります。それから、野菜の作り方の話なども(笑)。

これからも体のことだけでなく、日常生活でのお悩みもあわせて一緒に解決していければと思いますので、お気軽にご相談ください。