当院について

ドクター&スタッフインタビュー 本田 英義

さまざまな経験を通じて
人間のスケールを大きく育て、地域のみなさまに貢献したい
医療法人社団淳英会 会長
おゆみの整形外科クリニック 院長
本田 英義

偉大な父を越えるプレッシャーから医師の道へ

私が医師になったきっかけは、医師の父の姿を見て育ったことにあります。彼は貧しい農家から苦学を経て医大に入り、軍医として勤めた後、故郷・山口に戻って病院を開業した地元のヒーローでした。
長男の私は、小さい頃から周囲の人に、「将来はお父さんみたいなお医者さんになるんでしょ?」と言われてきました。実は子どもの頃はそれが嫌でたまらなかったのです。

なぜなら父は柔道6段の自他共に認める強い男であり、町医者として地元の人々から尊敬される存在。常に父を越えなければというプレッシャーがありました。それに抵抗するかたちで家を出ましたが、気づけば私も医師の道を選んでいました。実際に医師になってみて実感したのは、非常にやりがいのある仕事だということ。こんなにも人から感謝される仕事もそうないですし、今では父の存在に感謝しています。

専門を決めたのは、日本の整形外科のレジェンドに憧れたことがきっかけ

整形外科を選んだのは、運動疾患のケアに興味があったこと。それから、医局に勤務していた頃、整形外科に日本を代表する憧れの先生がいたことが大きかったです。
その先生は、医学の知識やスキルだけでなく、音楽や芸術を愛し、詩文まで書く非常に教養の高い人で、今でも私の尊敬する先生です。アメリカに渡って人工指を開発する偉業を成し遂げた、日本の整形外科のレジェンドです。しかも人間味にあふれ、面倒見がいい方で、時折お手紙をいただいては、励まされています。

つらいことを経て、人は成長できる

研修医時代を経て母校の順天堂大学に戻ってきてからは、院内留学として病理学研究室に3年間ほど在籍しました。
当時、後縦靱帯骨化症が難病認定されるかどうかという瀬戸際にあり、多くの研究データが必要とされていました。

私は順天堂大学を代表してその研究チームに加わり、日々死体に囲まれながら地道な作業をこなし、後縦靱帯骨化症の起源として論文を書きました。その成果が評価されて学位を取得することができましたが、実はこの体験は、当時の私にとってはとてもつらいことでした。でも、現在クリニックを経営する上では大きな力となる貴重な経験となりましたね。

これは私の持論なのですが、人は好きなことばかりしていても決して成長しないということ。成長するには、ときには嫌なこと、つらいことを経験することも必要なのです。いいことも悪いことも常に対になっていて、セットでやらなければならないということです。

まずは感覚を働かせて、患者さんの「顔色」をしっかり診る重要性

医師として日々診療にあたる上で大事にしているのは、まずは患者さんの顔色を診ることですね。患者さんによっては痛みで顔がゆがんでいたり、何かを訴えたくて来ていたりします。医学の知識以前に、感覚を働かせて人を診ることが基本。その上で痛いところ、不具合のある箇所を診る流れです。

ますます少子高齢化社会となり、当クリニックでも高齢者の患者さんは非常に多いです。私が話し好きなこともあって、半ば私と話したくて長年通ってくださるご高齢の患者さんも大勢いらっしゃいます。ときには話が長引くこともありますが(笑)。

若い医師やスタッフに伝えていきたいこと

まずは自分たちが一人前ではないということを自覚すること。患者さんから「先生」と呼ばれても、驕ってしまうようでは成長できません。まずはスキル向上や成長のためにさまざまな苦労と努力をしながら、患者さんに一生懸命尽くすこと。そして、少しでも笑顔になっていただくことが大事なのです。

特に若いスタッフには、日頃から医学やリハビリのスキルや知識だけでは通用しないということを言い聞かせています。専門のスキルや知識を持った人は大勢います。でも、それだけで患者さんが良くなるわけではありません。

特に大事なのは、歴史を学ぶこと。歴史上の人物たちはどんなことを考え、実行して学びを得たか。そうしたことを学ぶために、週2回、スタッフ向けに歴史の勉強会を実施しています。たとえば、伊東博文や徳川家康といった歴史上の人物をテーマにするのですが、教科書通りの史実だけでなく、裏話的なエピソードも取り上げるので、かなり盛り上がりますよ(笑)。

“専門バカ”ではダメ。多くの経験を通じてバランスのとれた人間を育てたい

今後は若い人たちを中心に、もっと人を育てることに注力していきたいです。医療のスキルや知識だけでなく、教養もあって人として魅力のある、バランスのとれた人間に育てていきたいと思っています。

これからの時代、いわゆる“専門バカ”では通用しません。バランスのとれた人間になるには、ムダなことと思えるようなあらゆることを経験する必要があります。学びは砂金すくいと似ています。たくさんの砂利をザルですくうと、ごくわずかな金が採れますが、学びもそれと同じで、余分な経験が必要なのです。

若い人の多くは安全志向で、労力を嫌って金ばかりをすくおうとしがちです。でも、たとえ金が採れなくても、かならず成長はともないます。だからこそ、もっと困難にぶち当たれ!ということを伝えていきたいと思っています。

私の尊敬するメンターで、医学博士の山内裕雄先生にかつて教えていただいたのは、「落花枝に戻らず」という言葉。これは、会津藩士で教育者の秋月悌次郎の言葉です。枝から落ちた花は元に戻ることはない。でも、下に落ちた種はまた来年芽を出し、花を咲かせるという意味を含んだ、私の大好きな言葉です。

私は山口県出身だから長州藩で、会津藩とは会津戦争や戊辰戦争で敵同士だったことから犬猿の仲ですが(笑)、秋月悌次郎のその言葉は、今も私の哲学として大切にしています。

患者さんの心も体も解きほぐす、癒しのあるクリニックを目指して

一般病院は、もっともっと患者さんの声を聞くべきです。なかには大柄な態度の医師もいるでしょう。当然、それでは医師失格で、患者さんご本人がなんらかの悩みを抱えて来院する以上、そのつらさを少しでも聞いてあげるのが医師の務めです。

患者さんそれぞれには、痛みや苦しみだけでなく、生活面でもいろいろな悩みがあるわけです。その何分の1でも聞いてあげて、少しでも気持ちをやわらげて、リフレッシュしていただくのが、一般病院の役目だと考えています。

当クリニックでは開院当初から、医師以外に理学療法士を揃えることで、患者さんに寄り添った運動指導ができる体制を整えてきました。おかげさまで、ここ数年でリハビリテーションのフロアを拡充したほか、緊急対応もできる体制となりました。

当クリニックの強みは、術前術後の理論に基づくきちんとしたリハビリが受けられること。高齢者特有の不具合はもちろん、若年層のスポーツなどによる故障やトレーニングの場としても機能しています。

また、スポーツに造詣の深いスタッフが多いことから、ジェフ市原やなでしこサッカーのチームドクターとも提携。当クリニックの経験豊富な理学療法士をトレーナーとして派遣することにも注力しています。

あらゆる患者さん1人1人に合わせて肉体的な治療はもちろん、精神的にもリフレッシュできる場として、地域のみなさまに根ざした医療を提供していきますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

医療法人社団淳英会 会長
おゆみの整形外科クリニック院長
本田 英義
経歴
  • 順天堂大学卒業
  • 順天堂大学整形外科医局
  • 埼玉県越谷市立病院
  • 千葉市 総泉病院
  • おゆみの整形外科クリニック開設
  • 医療法人社団淳英会 設立
  • 介護老人保険施設おゆみの 開設
  • おゆみの診療所(有床クリニック)開設
  • おゆみの中央病院 開設