整形外科とは

トップページ > 整形外科とは

整形外科とは

「運動器」を治療する診療科

「整形外科」とは骨、関節、靭帯、末梢神経、筋肉などの運動器といわれるものに関わる病気や怪我を治療する診療科です。

「整形外科」がいったい何を治療する科か、ご存じない方は意外と多いのではないかと思います。「~外科」とつくから手術とかもしそうだというのはなんとなくイメージがつきますが、漢字で「整形」とあってもいったい何を診てくれるのか想像するのはとても難しいですよね。

一言でいうのは難しいですが、 『整形外科』とは骨、関節、靭帯、末梢神経、筋肉などの「運動器」といわれるものに関わる病気や怪我を治療する診療科です。骨折・脱臼・捻挫などの外傷、関節や腱の痛み、肩こりや腰痛、四肢の腫瘍の他にも関節リウマチや骨粗鬆症など全身的なものも分野に含まれます。頭部・顔面・内臓・皮膚以外のほとんどが整形外科のかかわる分野です。


「美容整形」と「整形」はまったく違うもの

「整形」というとまず「美容整形」を連想しがちですが、まったく違うものです。美容整形 は目を二重にしたり、鼻を高くしたり、顔のしわを取ったり、豊胸手術をしたりなど。主には病的でない外見上の気になるところを扱います。また、もう一つ整形外科と混同されるのが「形成外科」です。形成外科は傷の跡を目立たなくしたり、生まれつきの奇形を治したり、主に病的な外見上の問題を治療します。切断した指をつないだりすることもあり、この辺は整形外科の手の外科の分野と重なるところです。

中国や台湾では整形外科を「骨科」と言うようです。正確ではありませんが、こちらの方がイメージしやすいですね。整形外科だとわかりづらいので名前を変えよう、という議論が以前少しありました(たとえば運動器科とか。)。しかし、日本では「整形外科」として歴史・伝統が作り上げられてきており今後もおそらく変わることはないかと思います。

整形外科のことを一般の方に広く知っていただけるようにわれわれ整形外科医は努力して参ります。

対象となる疾患

Pate Top