リハビリテーション科

AKA

AKA博田法

【AKA博田法とは?】

AKA = Arthrokinematic Approach(アルスロキナマティックアプローチ)
日本語に略すと、「関節運動学的アプローチ」といいます。

関節の運動学に基づいて、関節の遊び、動きに伴う関節面の滑り、回転、回旋などの関節包内運動の異常を治療する方法です。関節包内の異常は様々な部位の痛みを起こすと言われている為、痛む場所ではなく、仙腸関節や肋骨と背骨の間の関節(肋椎関節)、背骨と背骨の間の関節(椎間関節)等を治療する事で痛みが軽減されます。

AKAを用いた治療技術は修得が難しいとされており、繊細な技術と熟練、集中力を必要とする治療の一つです。当院では、日本AKA学会指導医のもとに受講した理学療法士によって治療させていただいております。

AKA治療内容

問診・評価(症状の確認)

問診から、現在の症状や状態を伺い、動作や関節の動きを確認します。また動きの悪さ、痛みや痺れ、骨盤の関節(仙腸関節)の緩さや、筋肉の伸びや硬さを評価し、症状に応じて治療するための指標としております。

治療(関節の治療)

治療を行う部位は、腰を中心とした背骨の近く(仙腸関節)です。仙腸関節の他にも、肋骨と背骨の関節、背骨同士の関節、時には手や足の関節等も障害を受けている程度に応じて治療を行います。ごくわずかな動きの治療であり、触られている程度の感覚です。このため痛みは生じません。

AKA治療対象例

関節機能障害が原因の痛み、痺れ及び関節の動きが悪い(可動域制限)場合が対象。
当院では、多くは腰痛、首の痛みに多く処方されます。(当院の場合)

【対象外】
内臓の機能障害による痛み、神経系の異常が重度の場合、化膿性関節炎、新鮮外傷、悪性腫瘍等は適応外とされております。

AKA博田法による治療をご希望の場合は診察時に医師にお申しつけ下さい。

Pate Top