スポーツドクターとは

トップページ >スポーツドクターとは> 対象となる疾患、怪我

対象となる疾患、怪我

スポーツ外傷

「スポーツ外傷」とは1回の大きな力で損傷が生じることで、筋・健・靱帯の損傷や骨折などがあげられます。

  • 鎖骨骨折
  • 肩関節脱臼
  • 前十字靱帯損傷
  • 内側側副靱帯損傷
  • 半月板損傷
  • 足関節外側靱帯損傷
  • 肉離れ etc.
Pate Top

スポーツ障害

「スポーツ障害」は、組織に対して繰り返す微小外傷が加わって生じる、いわゆる使いすぎ(オーバーユース)を原因として発生するものです。スポーツ外傷とちがい予防が十分可能です。

  • 投球障害肩
  • 野球肘
  • 鼠径周辺部痛症候群
  • オスグット氏病
  • ジャンパー膝
  • ランナー膝
  • シンスプリント
  • 疲労骨折 etc.
Pate Top